住み継ぐ家 #1 ~ 3.11 からの出会い

住み継ぐ家 by kimizuka architects

2011年3月11日の出来事 は、今も記憶に新しい。私はその前日に、1年余り 設計・監理 を行っていた 住宅 の竣工引き渡しを終え、当日は一段落して事務所でのんびりと過ごしていた。初めは、よくある少し大きめの 地震 程度にしか思っていなかったが、次第に揺れが増し、しかもなかなか治まる気配がない。倒れかけた本棚を抑えながら窓越しに外を見ると、民家の瓦屋根が、踊るように上下に激しく揺れていた。その瞬間は、この揺れがまさか、東北 で起きた、数百年に一度という 大地震 が、東京に流れついたものであるとは、想像すらしなかった。その後の国内の被災状況については、皆の知るところである。

この 震災 は、多くの人々の 価値観、とりわけ、 豊かさ とは何かという問題について、大きな変化をもたらすことになったと考える人は多い。しかし、本当は少し違うように思う。震災前後でガラリと 価値観 が変わるほど、人の心というのは単純ではない。そうではなくて、多くの人が、もともと持っていた何かが、この 震災 をきっかけに呼び起され、そして、覚醒しはじめたというのが正しい表現なのではないかと思う。それは、もしかしたら、時間と共にまた成りを潜めてしまうものなのかもしれない。けれども、もし、その覚醒した 豊かさ の芽を、地道に見失わず、育てていくことが出来れば、それはきっと、未来への大きな希望になる。

個人で 建築家業 を営む私のような者は、自分自身の具体的な仕事を通じてしか、そのような人たちの芽を育てていくことに貢献出来ない。しかし、そのような僅かなことであっても、良き出会いがあれば力になりたいと思い続けていた。そして、その思いは、震災後 一年余りの時を経て、私とSさん夫妻との 出会い というかたちで実現することになった。

Sさん夫妻は、現在東京近郊に在住しているが、将来的には、ご主人の実家である仙台に Uターン移住 することを計画していた。もともとそのようなヴィジョンを持ちながら東京で暮らしていたようだが、3.11の 震災 を契機に、そのヴィジョンを実行に移そうという意識が高まっていったようである。しかも、そこには、もはや、単なる 移住 ではなく、逆境に立たされたが故の、大きな希望と夢を携えた 開拓者精神 が宿り始めているかのように私には映った。そういった、高い志のある計画を前にして、断るようであればなんのために独立して 建築家業 を営んでいるかわからない。これを「 仕事 」と呼ばずして、何と呼ぶのだろう。私は彼らの 力になりたい と心から思った。

→ 住み継ぐ家#2へ続く